ミノキシジルの副作用は「かゆみ」などの皮膚症なので問題なし【日本皮膚科学会より】

プロペシアなどでAGAの進行を防ぐだけでなく、髪を増やしたい!

という方にとって、ミノキシジルは大変有効な手段であり、1900年に創立された日本皮膚科学会もおすすめしています。

 

だけど、医薬品なので副作用が気になる。誰か教えて!

という疑問にお答えします。

 

結論から言うと、ミノキシジル外用薬の副作用は皮膚症状がほとんどなので問題なく、自信をもっておすすめできます!

 

この記事では日本皮膚科学会のガイドラインをもとに、その理由について分かりやすく解説します。

 

なお、ミノキシジル内服薬(ミノタブ)について、この記事では解説してないので、以下の記事「ミノタブは副作用が強いのでAGA治療薬がおすすめです【医学的根拠あり】」をご覧ください。

 

ミノタブは副作用が強いのでAGA治療薬がおすすめです【医学的根拠あり】
ミノタブの副作用とリスクを考えると、服用はおすすめできません。この記事ではミノタブの副作用の説明と、代わりに厚生労働省に認可されているAGA治療薬での治療をおすすめする理由を解説します。

 

この記事で分かること
 ・ミノキシジルの副作用が問題ない理由
 ・報告されたミノキシジルの副作用
 ・副作用が出た場合どうすればいいか

 

 

ミノキシジルの副作用は「かゆみ」などの皮膚症がメインなので問題なし

ミノキシジルの副作用は「かゆみ」などの皮膚症がメインなので問題なし

冒頭でもお伝えしましたが、ミノキシジル外用薬の副作用は、「かゆみ」などの皮膚症がほとんどです。

 

他に重篤な症状も報告されておらず、効果の割に安心して使用できる治療薬です。

 

この章ではミノキシジルの概要と、自信をもっておすすめできる理由を解説します。

 

 

ミノキシジルとは?

そもそもミノキシジルについてご存知ですか?

この記事を読んでいる方は聞いたことはあると思われますが、ここでは簡単に説明します。

 

もともとミノキシジルは、血管を広げることで高血圧を下げる効果があるため、高血圧の治療のために開発されました。

ところが、処方された患者に毛が生える「多毛症」という副作用が多く出ました。

 

そこで、この毛が生える作用について研究がすすみ、薄毛治療に使われるようになった、という経緯があります。

 

もともとは毛が生える作用は副作用だったんですね。

 

 

日本皮膚科学会も推奨

そんな毛が生える作用が期待できるミノキシジルですが、1900年に創立された日本皮膚科学会も推奨しており、そのレベルは「A」(5段階評価で1番良い)です。

 

日本皮膚科学会が発表しているガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」から抜粋します。

 

ミノキシジル外用の発毛効果に関して, 高い水準の根拠があるので, 男性型脱毛症に5%ミノキシジル, また女性型脱毛症に1%ミノキシジルを外用するよう強く進める.

 

つまり、ミノキシジルはほぼ公式的に認められている「発毛薬」なのです。

 

 

主なミノキシジル製品

そんなミノキシジルが含まれている有名な製品を紹介します。

 

どの製品もミノキシジル5%を配合しており、効果は保証されています。

なお、効果はどれも変わらないので、価格や使い勝手で選んでOKです。

 

 

副作用は「かゆみ」などの皮膚症状がほとんど

気になる副作用ですが、「かゆみ」などの皮膚症状がほとんどで、重篤な症状がありません。

 

もちろん副作用を甘くみてはいけませんが、他の治療薬と比較して気軽に試しやすい薬だと考えられます。

 

 

 

報告されたミノキシジルの副作用一覧

報告されたミノキシジルの副作用一覧

次に、具体的に報告されている副作用について見ていきましょう。

 

具体的に以下6つの症状が報告されています。

  1. 掻痒(かゆみ)
  2. 紅斑(皮膚が赤くなる)
  3. 落屑(皮膚の表層がフケのように落ちる)
  4. 毛包炎(小さな赤色、白色の吹き出物)
  5. 接触皮膚炎(かゆみと発疹、痛みなど)
  6. 顔面の多毛症(顔面に毛が多く生える)

 

いずれも皮膚の症状です。

もちろん甘くみてはいけませんが、内臓への影響など重篤な症状は報告されていません。

 

 

初期脱毛には注意

1つ注意しておきたいのが、初期脱毛についてです。

 

ミノキシジル外用の初期には、初期脱毛と呼ばれる一時的な脱毛が見られます。

これは良く起こることであり、副作用によって抜けた訳ではないのでそのまま外用を継続して下さい。

 

 

 

副作用が出たら医師に相談しよう

副作用が出たら医師に相談しよう
もしミノキシジルの外用薬の副作用が出た場合、どうすればいいの?

という疑問に、薬の種類ごとにお答えします。

 

といっても、薬を中断してプロに相談するだけです。

 

  • 市販薬を使っている場合
  • 医師に処方された場合

 

市販薬を使っている場合の問い合わせ先

もし薬局で購入した場合は、薬剤師に相談しましょう。

 

また、ネット経由で購入した場合、公式サイトがある筈なのでそこに問い合わせましょう。

 

 

医師に処方された場合

処方時に説明は受けていると思いますが、まずは処方された医師に相談しましょう。

 

もし何らかの事情で、その医師に相談できない、相談したくない場合は、下記おすすめのAGAクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

カウンセリングだけなら無料で受けられます。

 

 

おすすめのAGAクリニック

ミノキシジルを使いたいけど、プロに診断してもらいたい場合はAGAクリニックが1番安心です。

 

具体的にどこのクリニックがおすすめなのか知りたいという方は、次の記事「AGAクリニックの無料カウンセリングまとめ【おすすめ紹介あり】」をご覧下さい。

 

AGAクリニックの無料カウンセリングまとめ【おすすめ紹介あり】
AGAクリニックの無料カウンセリングに興味があるアラサー男性は、必見です!この記事では、本当に無料カウンセリングは無料なのかといった疑問にお答えし、あなたにとって最適なクリニックが分かるように説明します。ぜひ参考にして下さい。

 

私が自信をもっておすすめするクリニックをご紹介しています。

 

 

 

まとめ

この記事ではミノキシジルの副作用が問題ない理由などについて解説しました。

 

この記事で分かったこと
 ・ミノキシジルの副作用が問題ない理由は、重篤な症状がないから
 ・報告されたミノキシジルの副作用一覧
 ・副作用が出た場合は、薬剤師や医師などのプロに相談

 

ミノキシジルは唯一髪が生える「発毛剤」として、厚生労働省に認められています。

 

髪を生やしたい場合は、ぜひ積極的に使っていきたいですね。

未分類
記事が役に立ったらシェアお願いします
記事が役に立ったらフォローお願いします
AGA対策本部