ミノタブは副作用が強いのでAGA治療薬がおすすめです【医学的根拠あり】

AGA治療の方法としてミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)をお考えの方に警告します。

 

健康と引き換えても髪が欲しいですか?

 

 

近頃、AGA治療法の1つとして、ミノタブを服用している方や、試そうと考えている方が増えています。

実際、グーグルなどで検索してみても、実際に服用されている方の体験談が多数見つかります。

 

しかし、私はミノタブの服用に反対します。

もし自己判断で服用中の方がいたら、一刻も早く服用をやめて下さい!

 

この記事では、医学的根拠(エビデンス)をもとに、ミノタブの副作用とリスクを解説します。

 

また、ミノタブの代わりにAGA治療薬をおすすめする理由も併せてお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事で分かること
 ・ミノタブの副作用とリスク
 ・ミノタブの代わりにAGA治療薬をおすすめする理由
 

 

ミノタブは副作用が強く危険

ミノタブは副作用が強く危険

上でもお伝えしましたが、近年AGA治療でミノタブを服用される方が増えています。

しかも、個人輸入代行を使って海外から輸入した薬を、自己判断で使う人も多く見られます。

 

たしかに、ミノタブには全身の毛が濃くなる効果がありますが、それ以上に副作用が心配です。

 

ここでは、そもそもミノタブとは何かという解説から、日本や世界(アメリカ)での取扱まで説明します。

 

 

降圧薬として開発

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発されました。

そのため、内服による主な効果として血圧低下が挙げられます。

 

では、なぜAGA治療として使われるようになったかと言うと、全身の毛が濃くなる多毛症という副作用が報告されているからです。

 

つまり、AGA治療におけるミノタブの効果である「発毛」は、本来の目的からすると副作用なのです。

 

また、ミノタブの副作用はそれだけでなく、胸の痛みや動悸、息切れなども報告されており、安易に使うのは危険な薬なのです。

 

 

アメリカ(FDA)では正式な服用でも警告しており、日本では不許可

降圧薬として開発されたミノタブですが、アメリカの医薬品を規制するFDAは、降圧剤として使用する際でも次のように警告しています。

FDAのミノタブ服用警告

引用「Loniten®minoxidil tablets, USP

 

簡単に解説します。

  • ミノタブは、他の降圧剤が効かなかった高血圧患者のために使うべき
  • ミノタブは、副作用の影響を防ぐために、他の薬と併用する必要がある

 

また、日本においては降圧薬としての服用も認められておらず、医療薬として処方されていません。

 

このようにミノタブとは、服用の際は細心の注意が必要な薬であり、素人が自己判断で安易に使っていい薬ではないのです。

 

 

AGA治療薬として認可されていないことのリスク

AGA治療薬として認可されていないことのリスク

日本ではそもそも本来の目的である降圧薬としても認可されておらず、もちろんミノタブの内服はAGA治療薬として厚生労働省に認可されていません。

 

これの何が恐ろしいかというと、医薬品副作用被害救済制度の対象にならないことです。

 

 

医薬品副作用被害救済制度の対象になりません

漢字が並んで読みづらいですが、要は「薬の副作用で健康被害を受けたら救済しますよ」という制度です。

 

薬の副作用は誰にでもおこる可能性があるので、それを救う制度なのですが、ミノタブの服用で起きた副作用は対象になりません。

 

独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」の説明を抜粋します。

太文字で強調した部分に注目して下さい。

給付の対象とならない場合

医薬品等の副作用のうち健康被害が入院治療を要する程度ではない場合や日常生活が著しく制限される程度の障害ではない場合、請求期限が経過した場合、医薬品等の使用目的・方法が適正であったとは認められない場合

引用「医薬品副作用被害救済制度の給付対象

 

つまり、本来の使い方と違う場合は対象にならないのです。

 

もちろん、AGA治療薬として認可されていないミノタブの内服は、対象外です。

副作用による健康被害が出た場合は、全て自己責任で対処する必要があります。

 

私がミノタブの服用に反対している理由がお分かりいただけましたか?

 

 

 

多毛症以外の主な副作用

多毛症以外の主な副作用

さて、ミノタブの主効果は「血圧低下」であり、「発毛」は副作用だと説明してきました。

ここでは、それ以外の主な副作用について簡単に説明します。

 

胸の痛み

ミノタブの副作用として、胸の痛みが発生する可能性があります。

 

心拍数の増加や動悸

ドキドキと心拍数が速くなり、動悸を感じることがあります。

 

息切れ

心拍数の増加や動悸とともに、息切れを起こすこともありえます。

 

つまり、心血管系に悪影響が出る、ということです。

決してAGA治療のために使うべきではありません。

 

 

ミノタブではなく認可された薬で治療しよう

ミノタブではなく認可された薬で治療しよう

ミノタブの服用は、大きなリスクがあることが分かりましたね。

 

では、どうすればいいか。

 

答えは単純です。

AGA治療薬として厚生労働省に認可された薬で治療しましょう!

 

 

AGA治療薬として認可された薬

厚生労働省に認可されている薬は、2つに分類できます。

  1. 薄毛の進行を遅らせたり止める薬
  2. 発毛を促す薬

 

薄毛の進行を遅らせたり止める薬(内服薬)

有名な治療薬としてプロペシアが挙げられます。

 

主成分はフィナステリドであり、AGAの主要因である男性ホルモンDHTを抑制する効果が期待できます。

 

同様の効果が期待できる薬としては、ザガーロ(主成分デュタステリド)が有名ですね。

 

いずれも、AGAの進行を止めるには必須の薬となります。

 

発毛を促す薬(外用薬)

発毛を促す薬として認可されているのはミノキシジルです。

 

え?ミノキシジルって副作用が危険じゃないの?と思われた方もいるでしょう。

 

ここで注目して欲しいのは、外用薬であるという点です。

日本で認可されている薬は、心血管系に影響がでないように濃度が調整されており、安心して使えます。

 

気になる副作用も、かゆみや肌荒れ、顔面の多毛など、体内に負担がない症状が報告されているので、ミノタブの内服と比べてはるかに安全です。

 

これらの薬について、次の記事「AGA治療薬比較とおすすめ提案【AGA対策】」で詳しく説明しています。

気になる方はぜひご覧ください。

AGA治療薬比較とおすすめ提案【AGA対策】
AGA治療をお考えのアラサー男性であるあなたに、最適なAGA治療薬をお伝えします。また、AGA治療薬の種類や費用、それぞれのメリット・デメリットの比較結果をお伝えします。

 

 

ミノタブを処方するクリニックもあるけど…

AGAクリニックの中には、ミノキシジルの成分を含んだ内服薬を処方するところもあります。

 

もちろん、副作用の影響を抑えるために別の薬と共に処方されるのですが、もともと日本では認可されていない薬です。

 

たとえクリニックの勧めがあったとしても、私としてはおすすめしません。

 

どうしても気になるなら、他のクリニックでセカンドオピニオンを受けてみて下さい。

有名なAGAクリニックだったら無料でカウンセリングを受けられます。

 

また、AGA治療は長期化するので、信頼できる医師を選ぶことが重要です。

 

どんなクリニックがいいのか分からない、という方は「信頼できるAGAクリニックの選び方【5つのポイント】」を参考にして下さい。

信頼できるAGAクリニックの選び方【5つのポイント】
AGAクリニック選択に失敗すると、お金をドブに捨てることになります!この記事では信頼できるクリニックの選び方を5つのポイントに分けて詳しく解説します。アラサー男性必見です。

 

 

 

AGA治療薬はAGAクリニックで処方できます

AGA治療薬はAGAクリニックで処方できます

ミノタブの代わりに、厚生労働省に認可されているAGA治療薬をおすすめしましたが、どこで入手できるかお伝えします。

 

結論から言うと、AGAクリニックがおすすめです。

 

 

個人輸入代行はおすすめしません

実は、AGA治療薬は海外から個人輸入でき、実際に個人輸入代行を通じて入手されている方もいます。

 

ただし、これは非常に危険です!

 

少し考えただけでも、以下のような危険性があります。

  • 有害な物質が含まれている場合がある
  • 不衛生な場所や方法で製造されている可能性がある
  • 偽造品が出回っている
  • 上で説明した医薬品副作用被害救済制度の対象とならない

 

実際、厚生労働省でも次の記事「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」で注意喚起しています。

 

繰り返しになりますが、個人輸入代行はおすすめできません。

 

 

まずは無料のカウンセリングから

とはいえ、いきなりAGAクリニックに行くのは不安だ、という人も大勢います。

 

  • AGA治療は高価と聞いている
  • 高額な治療を無理に勧められるのが不安

 

そういった場合は、まず完全無料のカウンセリングで話を聞いてみるのをおすすめします。

 

もちろんカウンセリングを受けたからといって、治療が必須なわけではありません。

 

むしろ、診断の結果、まだAGA治療する必要はない、と診断された友人もいます。

 

ぜひ気軽に足を運んでみて下さい。

 

無料カウンセリングについて知りたい方は「AGAクリニックの無料カウンセリングまとめ【おすすめ紹介あり】」をご覧ください。

AGAクリニックの無料カウンセリングまとめ【おすすめ紹介あり】
AGAクリニックの無料カウンセリングに興味があるアラサー男性は、必見です!この記事では、本当に無料カウンセリングは無料なのかといった疑問にお答えし、あなたにとって最適なクリニックが分かるように説明します。ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

まとめ

この記事ではミノタブの副作用とリスク、代わりにAGA治療薬を使う理由を説明しました。

 

この記事で分かったこと
 ・ミノタブはもともと降圧薬でありAGA治療薬として認可されてない
 ・ミノタブは副作用が強く、安易に使用すべきではない
 ・きちんと認可された薬をクリニックで処方されて使うべき
 
ネットではAGA治療の1つとして出回っているミノタブですが、危険です。
 
 
たしかに、髪が生えてくるのは魅力ですが、健康を害してでも手に入れたいですか?
 

わたしは、髪よりも健康な体を重視します。

 
 
そして、この記事をここまで読んでくれたあなたも同じ考えである事を、心から願っています。
 
治療薬
記事が役に立ったらシェアお願いします
記事が役に立ったらフォローお願いします
AGA対策本部